「瞑想スペースAOYAMA」の村上先生に聞く

  • HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » お問い合わせ » Q and A

    Q and A

    このフルフィルメント瞑想Q & Aは、スピリチュアル・マガジン「anemone」2009年1月号でご紹介してくださったときの、抜粋記事です。

    フルフィルメント瞑想は、本当に誰でも簡単に「空」に入れるのですか?

    はい、確実に深い瞑想状態「空」の領域に入ることができます。フルフィルメント瞑想は、私たち人間が潜在的に持っている深い瞑想状態(空)に入っていく能力を呼び覚ます、エネルギー伝導のアチューンメントを行うことによって、いつでも空に入っていけるようになります。

    具体的には、プージャという伝統のセレモニーを行って、時の始まりから、この瞑想法が継承しているスピリチュアルなエネルギーエネルギー空間を創りだします。そして伝授を受けられる方の中にある、深い瞑想状態に入る為の回路の一つ「ハートマントラの種」をスイッチオン状態にします。

    伝授された後は、ハートマントラを使って瞑想するように心で意図すると、自動的にその種が息吹き始め、波動を放ち、エネルギーが肉体次元にまで流れ込み、ハートマントラが存在している領域(空)まで、意識の一定量が引き込まれます。その働きによって空との融合が必ず起こります(人の意識と存在は、波動の高い方に引き寄せられる性質を持っている)。

    その一つの証として、誰でもこの瞑想をすると約2分〜5分で、意識の一定量が深い静寂の場(空=純粋意識)に入り、心と体が深い安らぎを感じ始めます。そして各臓器なども本来のスムーズな働きを取り戻し、その結果として深い睡眠の倍ほどの休息状態になり、空からシャクティというスピリチュアルエネルギーが私たちのエネルギーボディに流れこんでくるので、多くの方は体が熱くなるのを感じることが多いでしょう。肉体や魂にある疲れやストレス、感情的に抑圧されたエネルギーを癒します。それによってカルマの浄化や解放が起こり、成長とギフトが与えられるのです。

    どこで習えるのですか?またどんなやり方で行うのですか?

    日本には15人程の公認の教師がいて、日本各地で教室を開いているので、気軽にフルフィルメント瞑想の基本の瞑想法「ハートマントラ」の伝授を受けられます。伝授を受け、ハートマントラの回路を開くことによって、いつでもどこでも簡単に瞑想を行えます。

    各教師は、ある程度の年月の瞑想実習の後、この瞑想の開発者であるボブ・フィックスのもとで約2ヶ月間、1日12〜16時間、空の中に入り続ける瞑想トレーニングを終了しており、お受けになる方の中に内在しているハートマントラの種(回路)をスイッチオン状態にすることができます。

    瞑想のやり方は簡単で、背筋を伸ばして椅子か床に座って目を閉じ、マントラの波動を感じます。後はただリラックスして静かに座っているだけで、マントラの波動が私たちの意識を自然に空に連れて行ってくれますので、誰でも深い瞑想状態を楽しめます。既に習われた受講者の多くは、1日2回、朝と夕もしくは夜に30分の瞑想を続けられています。

    フルフィルメント瞑想Q&A

    スピリチュアル・マガジン「anemone」2009年1月号抜粋/クリックで拡大

     

    このページのトップへ

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F