• HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 未分類 » 瞑想教師の幸せ応援日記 » スタッフブログ『青山通信』 » この記事

    6/21(水)【スタッフブログ青山通信】『感じてあげること』

    みなさん、こんにちは(^ ^)

    今日は、夏至でした☆

    宇宙的にもスピリチュアル的にも重要なポイントの日とされる夏至ですが、なんと「マヤ暦」においても、重要な節目の日であったそうです。

    東京は、そんな日を象徴するかのような、浄化の雨嵐が舞っていました。
     

    そんな本日の夏至ですが、タイミングよく、瞑想スペースAOYAMAでも瞑想会がありました。
     

    先生からは、自らを「感じてあげる」ことの大切さについてのお話。

    ヒーリングなどにおいて、本当は反応しているはずの魂の叫びに、「感じないふり」をしている場合があります。

    そのとき、しっかり感じてあげるようにすると、愛が発動して、魂よりも大きなハイヤーセルフ、神我の側から、自分の痛みを抱きしめてあげることができるようになる、ということでした。

    それによって、大いなる意識の側である、どこか大丈夫と知っている場所が開きますが、これこそが変化の途上において、最も大切な姿勢になります。
     

    どんなに大変な闇に在っても、闇は自らの光によるものであり、すべては「大丈夫」であることに開きながら、希望を捨てないこと。

    これが、一番大切であるというお話でした。
     

    写真は、瞑想会で使ったクリスタルボールです☆
     

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ:浅子

    IMG_0943

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F