• HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 未分類 » 瞑想教師の幸せ応援日記 » スタッフブログ『青山通信』 » この記事

    5/12(金)【スタッフブログ青山通信】『瞑想という、弓を引き絞る時間。』

    みなさん、こんばんは(^ ^)

    今朝の誘導瞑想のメッセージでは、こんなお話がありました。
     

    「瞑想は、”私はこうしたい”という、純粋な愛の核に入ってゆく時間です。

    そして、そこから溢れ出るものが広がりやすくなることにも、大変有用なものです。

    “自分はこうしたい”というものが分からなくても、焦ったり自分を責めたりしないで下さい。

    それら全てのものは、瞑想で内側に入ってゆく刺激となります。

    そして内に入るほど、愛の核がいざ溢れ出るときには、起爆的な発展力と持続力を見せるのです。」
     

    このお話を聞いていて、『瞑想=弓を引き絞っている時間』のお話を、思い出しました。

    弓を引き絞れば引き絞る(=瞑想)ほど、それが放たれたとき(=日常)は、その飛ぶ距離と影響力ともに、大きなものとなる、というお話です。
     

    瞑想による変化が感じられない人は(深くでは必ず何がしかの変化は起こっているものですが)、実のところ、誰よりも深く弓を引き絞っている人なのかもしれません。

    弓が放たれたときに起こる変化が、楽しみになりますね!

    どちらにしても、十人十色の放物線を描く弓の軌跡は、周囲と比べられるものではありません。
     

    「真の自分」だけが、成就するのだと思います。

    したがって、本当の自分とは何者であるかを知ることが、大切なのでしょう。

    瞑想のある日常こそ、その答えを直接的に知るための、唯一のものだと感じるのです。
     

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ:浅子

    IMG_0613

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F