• HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 未分類 » 瞑想教師の幸せ応援日記 » スタッフブログ『青山通信』 » この記事

    2/18(土)【青山通信】『空(くう)の場所から現象世界を変えるコツ。』

    こんにちは!

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ、浅子です(^ ^)
     

    昨日は臨時ニュースでもお伝えしましたが、夜の瞑想会前に、山梨県から戻られた先生から『川魚の唐揚げ』が振舞われました☆

    自然のエッセンスをいただいたからでしょうか、その後の瞑想会では、波動が明らかにいつもとは違いました。
     

    「エネルギーと生命力の周波数を測る装置があったら、(いつもの瞑想会とは)明らかに別次元並みに変わっているはず」
     

    ・・そんなメッセージからスタートした昨日の瞑想会では、

    「瞑想で、空(くう)の場所から現象を変えるコツ」についての質問があったのが、印象的でした。
     

    ー 瞑想中であったり、瞑想の後に滞ってたものが抜けて、『新しいサイクルかな』と思ったら、抜けたことによる”新たに息づいてくるフィーリング、ときめき”を、「やるべきならばやります」という姿勢で、また「自分は本当にそれをやりたいのか」といったことも含めて、まず様子を見てみます。

    そして、クリアにときめいた部分を周りに投げかけてみて、その反応を見ることで「やってみなさい」という機運や手応えがあるかを判断し、もしそこで手応えがあったら、「表明」してしまう。
     

    ということでした。
     

    これまでの癖やパターンではなく、瞑想で感じた純粋なものを感じて、そちら側のほうに主導権を握らせていく・・ということになるかと思います。

    瞑想のある日常の中で、心に留めておきたいものです。
     

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ:浅子

    IMG_4192

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F