• HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 未分類 » 瞑想教師の幸せ応援日記 » スタッフブログ『青山通信』 » この記事

    2/9(木)【青山通信】『一日一回の瞑想より、二回の瞑想がオススメな理由。』

    こんにちは!

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ、浅子です(^ ^)
     

    フルフィルメント瞑想では、毎日朝晩30分の瞑想をするように、指導されます。

    ところが、日常とはなかなか忙しいもので、一日に一回の瞑想になってしまうこともあるかもしれません。
     

    たとえば・・

    夜は一日の疲れが出て眠くなってしまうから、朝だけ瞑想するというケース。

    朝は忙しくて瞑想できる時間がないから、夜だけ瞑想するというケース。
     

    このような一日一回の瞑想というのは、実は、非常にもったいないと言われます。

    瞑想は、睡眠の倍以上の休息が取れることで、ストレスなども解放させていくことができますが、一日一回の瞑想のときは、この「ストレスの解消」や、一日で起こったことの「消化」(=現状維持)だけの瞑想に、終始してしまうのです。
     

    消化すべきものを消化したあと、一日のうちにもう一度瞑想の時間を持つことで、「消化」したところからの新しい展望が開けたり、本来の自分への回帰、意識の覚醒、存在の感覚と静寂の深まり、能力と可能性の開花など、休息だけにとどまらず、瞑想による恩恵を最大限得ることができるようになります。
     

    現代に生きることは、エネルギーを消耗してしまいがちです。

    人生にさらなる発展や変化を望むのであれば、エネルギーチャージとしての一回に加えて、もう一回の瞑想、つまり一日二回の瞑想が必要になるのですね。
     

    どうしても忙しいとき、瞑想を丸々スキップしてしまうより、一回の瞑想がどれだけ短くなったとしても、一日に二回座る(静かな時間を持つ)というリズムを持つことが、大切なのではないかと思います。
     

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ:浅子

    ♪今週の瞑想会インフォメーション♪
    2月10日(金)定例グループ瞑想会 夜の部:19時〜21時
    2月12日(日)第8回瞑想フェス:10時〜12時
    http://kokucheese.com/event/index/451635/
    2月12日 (日)半日瞑想会:14時〜17時

    IMG_4113

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F