• HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 未分類 » 瞑想教師の幸せ応援日記 » スタッフブログ『青山通信』 » この記事

    1/22(日)【青山通信】『瞑想をやめてしまう前に』

    こんにちは!

    瞑想スペースAOYAMAスタッフの、浅子です(^ ^)

    先日、スタッフが行けなかった瞑想会のレポートを寄せて下さった方がおりまして(感謝!)、本日はそちらのレポートからピックアップして、お届けいたします。

    瞑想をやめてしまいたくなる、そんなときに・・
    というテーマになるでしょうか。
     

    ● 1分1秒確実に変化している

    「この瞑想は1分1秒確実に変化をもたらすものなので、たとえ辛く感じても、それを乗り越えたら実りを手にする事が出来るのを心に留めておいてください。もし辛くて途中でやめてしまっても、責められることではなく、別に良いんです。瞑想をやらなければと義務感を感じる必要も全くないです。でも、実りの事を考えたら、やるに値するものです。」
     

    ● カルマをお得に解消

    Q:「瞑想自体が辛くて、10日に1日程度しか出来てません。心地よい瞑想というのも、まだ体験した事がないし。背中が痛くなってしまうのも辛いです。」

    A:「最初のうちは解放からくる痛みが出やすいです。でもそれは、瞑想がしっかり作用して、化学反応が起きているからです。私もタイでのリトリートとか長期瞑想の時、ホント瞑想が辛くて早く終わらないかなと感じることがありました。でも、私『お得』なことが大好きなので、そういう時は「(カルマが解消されてる。)しめしめ」って思うんですよ。

    カルマとは、前世・前々世・そのまた前世・・・からの未完了の衝動で、通常は日常生活の中でその未完了の想いを経験していくわけです。
    一生あるいは来世にかけての長い時間の中で完了していくものを、たった30分の瞑想で解消できるなんて、【お得】なんだと思いませんか!?

    瞑想で一番大事なことは、『継続すること』と言えます。辛いだろうけどやめずに、瞑想を習慣づけて欲しいです。瞑想を重要項目の一番上に持ってきてください。」
     

    その他にも、「少し前まで『絶対幸福』を感じていたものの、最近はネガティヴな印象が浮上していている」といったシェアもありました。

    私たちの進化は、螺旋(らせん)状であるといいます。

    進化したと思ったら、あれれ、また元に戻ったかのような不調に見舞われたり、、
    でもそのような繰り返しで、私たちは進化・開花していくというプロセスにあるそうです。
     

    これが体感として感じられてくると、螺旋を描いて進化してゆくことへの「信頼」が出て、どんな体験も、価値のあるものに思えてくるものです。

    「信頼すること」という、自身と人生において大切な栄養素を、瞑想を通じて得ることができます。
     

    瞑想スペースAOYAMAでは、瞑想したことがない方も、大歓迎です!
    個人個人様に合わせて、丁寧にサポート・指導させていただきます。

    瞑想会のご予約はinfo@aoyamameisou.com、またはスケジュールの予約システムから、お気軽にご予約ください☆★

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ:浅子

    IMG_3932

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F