• HOME
  • ELM瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 未分類 » 瞑想教師の幸せ応援日記 » スタッフブログ『青山通信』 » この記事

    1/21(土)【青山通信】『金曜日の瞑想会レポート』

    こんにちは!

    瞑想スペースAOYAMAスタッフの、浅子です(^ ^)

    今回は、20日金曜日の瞑想会レポートをお届けいたします☆
     

    「瞑想をやらなきゃ・・!というのは分かっているけれど、忙しいと、なかなか瞑想ができなくて。。。
     

    今回担当下さった幸田宜也先生(通称ヨッシー先生)からのアドバイスは、意外にも『30分やろうとしないで良いですよ』というものでした。

    30分できないから今日は瞑想しない、ではなく、5分でも良いからやる。
       

    ポイントは、『途切れさせないこと!』であるそうです。
     

    それによって、リズムが出て来たり、あるときに長くできたりするそうですが、それも少しずつ続けるからこそ、見えて来るものだったりします。
     

    どんな形でも、続けるって大切なんですね。
     

    5分の瞑想も、それはそれで意外とスッキリして、良かったりします。
    今では”マイクロスリープ”といって、仕事の効率化のために1分間の仮眠を推奨している企業もあるそうですよ。

    どんなに短くても、静寂の時間を持つことは、脳と心と身体にとって非常に大切なのだと思います。
     

    「仕事の突破口の糸口」を求めて瞑想を再開されたというシェアもありましたが、日々瞑想を実践することで、瞑想が仕事におけるブレイクスルーのきっかけになることだって、十分にあると思います。
     

    「一人でする瞑想とグループでする瞑想が違う」というシェアや、「家でやるときの瞑想とは全然違う」といった言葉も聞かれました。

    どう違うのかといえば、「思考が出てきたり、この(静寂)の状態にいたい!」となったり、とにかく目まぐるしかったそう。。

    グループで瞑想をすると、それだけ濃くプロセスが進むので、瞑想中の展開もこのように”ジェットコースター並み”だったりします。
     

    「瞑想中に涙が出る」というシェアでは、今「涙活(るいかつ)が流行っている(!)」なんて話題が飛び出したり、「涙の数を天使は数えてくれている」「涙は天使が受け止めてくれている」というロマンチックな言葉がヨッシー先生からサラッと飛び出してビックリしたりしましたが(笑)、大聖マハリシの言葉であるとのことでした。

    「瞑想のたびに(瞑想を守り受け継いでくれた古の)伝統からの恩寵を受けているのを感じて、有難いことだなと思います。」といった、忘れがちですがとっても大切にしたい・・そんなことを感じさせるシェアもありました。

     

    瞑想スペースAOYAMAでは、瞑想したことがない方も、大歓迎です!個人個人様に合わせて、丁寧にサポート・指導させていただきます。

    瞑想会のご予約はinfo@aoyamameisou.com、またはスケジュールの予約システムから、お気軽にご予約ください☆★
     

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ:浅子

    IMG_0137

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F