• HOME
  • ELM瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 未分類 » 瞑想教師の幸せ応援日記 » スタッフブログ『青山通信』 » この記事

    1/14(土)【青山通信】『定例金曜日のグループ瞑想会レポート!』

    こんにちは!

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ、浅子です(^ ^)

    今回は、昨夜行われました毎週金曜定例の『グループ瞑想会』のレポートをお届けいたします!

    瞑想一筋25年の村上先生自身、

    「なんでこんな世界なんだろう」

    というところから、瞑想を始めたということでした。

    「社会で働く仕事人は、みんなストレスフルな毎日を送っているようにしか見えないし、純粋な心深くからの願いを生きない世の中なんて、いったいどういうことだろう・・?」

    自分の信念として持っている考え方であっても、実は”自分のものではない”考えや信念、エネルギーが入り込んでいたりするもので、それらに「本来の純粋な姿」が覆われているということは、よくあるそうです。

    脳の中枢に「松果体」という部位がありますが、ここは『神聖な知性の座』であると言われています。

    どうも、この「松果体」に、”自分のものではないもの”が入り混んでたりするそうなんですね。

    瞑想会の終わりにいつも提供されている『ジャプーヒーリング』は、その松果体といった「認識の窓」ともいえる部分を晴らして、”自分らしいもの”への変容が起こるといった特徴が、一番にあります。

    肉体的・精神的なものの解放とともに、「認識」そのものも連動して解放されることで、そのような”認識の一新”が、起こるわけですね。

    世界一、瞑想と相性の良いヒーリングではないでしょうか。

    中には、こんなシェアもありました。

    「瞑想中、身体の一部が海のような水に入っていたりする。」

    ・・これは瞑想中、内的に起こっていることを認識し、捉えているということになりますが、瞑想を重ねることやジャプーヒーリングによって、そういった内なる次元の感覚にも「認識の窓」がより繊細に開いてくる方も、いるのではないでしょうか。

    また、先生が「豊かさのマントラ」である”プロスペリティ・マントラ”を実習してから、幾度となく内的な面白い体験をして、それからというもの、より本来の自分の純粋な願いに直結するようなお仕事を大きな企業さんから頂いたというお話も、印象的でした。

    また、『瞑想を一年間濃く(瞑想会などに積極参加するなどして)やってきて(ネガティヴなことが起こっても)自分を俯瞰できるようになった。』というシェアもありましたが、実際にそのような佇まいとして見えるんですね。

    素晴らしいことだと思います。

    『前は世界と断然していたけど、世界につながって安心している感覚になった。』

    『今年は、これまでやってきたものが実になる気がする』
    といったシェアもありました。

    グループ瞑想会のような「人」が集まる場所には、光があります。

    光が集まる場所には、チャンスがあります。

    瞑想スペースAOYAMAの瞑想会では、瞑想したことがない方も、大歓迎です!
    個人個人様に合わせて、丁寧にサポート・指導させていただきます。

    瞑想会のご予約はinfo@aoyamameisou.com、またはスケジュールの予約システムから、お気軽にご予約ください☆★

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ:浅子

    ♪Pickup Event♪
    明日! 1月15日(日)10時〜12時 第7回瞑想フェスin青山
    ゲスト:超越瞑想(TM)教師 山中由美子先生
    ☆ご予約・お問い合わせ: http://kokucheese.com/event/index/447189/

    IMG_4032

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F