• HOME
  • ELM瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 未分類 » 瞑想教師の幸せ応援日記 » スタッフブログ『青山通信』 » この記事

    1/11(水)【青山通信】『水曜午前の部・瞑想会レポート〜ゼロになったときに、残るものは?〜』

    IMG_0105

    みなさん、こんにちは!

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ、浅子です(^ ^)

    本日は、午前に開催されました瞑想会のレポートをお届けいたします。

    ー「全部終わりにしたいと思ったら、終わりにしてもいい。」

    生徒さんのシェアを受けて、先生からこんな言葉が聞かれました。

    先生は、よく海に入って、『ゼロになる』ということです。

    ゼロになっても、巡らせる必要のあるもの。

    手放したときに、自然と残るもの。

    それを発見して、それをしてみる。

    自分自身の愛を生きるとは、そんなことなのかもしれません。

    瞑想も、いったんすべてを終わらせること、

    つまり、ゼロになることなのですね。

    そのときに残った自分(=瞑想後に息づいている自分)こそが、
    本来の自分、純粋な、その人本来の、愛の音色。

    瞑想をするということは、
    そんな純粋なものを選択し、それを生きるという
    選択肢と可能性を開きます。

    そして、グループ瞑想をするということは、
    その影響を自身のみならず、
    周りに、この世界へと放ちながら、
    より良い世界の幸せに、深くから貢献します。

    瞑想は、それをする人と、周りの『意識』に影響を与えますが、
    世界とは、そんな『意識』そのもので、出来上がっているからです。

    こう考えると、瞑想会ってすごいですよね。

    瞑想会で、「変容の波」を与え合いながら、
    ゼロになってみませんか?

    瞑想スペースAOYAMAでは、瞑想したことがない方も、大歓迎です!
    個人個人様に合わせて、丁寧にサポート・指導させていただきます。

    瞑想会のご予約はinfo@aoyamameisou.com、またはスケジュールの予約システムから、お気軽にご予約ください☆★

    瞑想スペースAOYAMAスタッフ:浅子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F