• HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 未分類 » この記事

    8月22日〜清里宿泊瞑想リトリート宿泊先GET体験記

    2015年7月19日(日)、青山での半日瞑想会終了後、親しい生徒さん達に、8月22日(土)〜30日(日)の日程で、「八ヶ岳・清里での瞑想リトリート」を開催する旨をお伝えしました。

    生徒さん:「先生、宿泊先は、もう決まってらっしゃるのですか?」

    私:「いえ、まだです。いくつか候補はあるのですが。。」

    生徒さん:「えー!、八月、ハイシーズン、もう一ヶ月前、宿泊先、確保できるのでしょうか??!大丈夫ですか?!」

    私:「きっと、大丈夫でしょう!(希望、期待的観測:苦笑) でも、やっぱりこの時期では、なかなか難しいのでしょうかね。。どうなるか定かでないですけど、明日(祝・月)、明後日、現地に行って、願わくば、確保・確定してきますー(汗)」

    そんな流れで・・


    <宿泊先GET体験日記 by 村上浩樹の場合>はじまり〜〜

    ●7月20日(祝・月)

    前夜は、瞑想会と生徒さん方へのスピリチュアルヒーリング(ジャプーヒーリング)の後に、夜10:00過ぎまで、生徒さん達と一緒に創り始めた「瞑想マガジン」の編集委員会ミーティングを、外苑前の大戸屋さんで行っていました。

    その後、赤坂のカプセルホテルに宿泊して、8月22日(土)〜30日(日)まで宿泊可能な「八ヶ岳・清里周辺の、貸し別荘、コテージ」を、インターネットで検索サーチしました。生徒さん達が心配するのも妥当で、やはり、その日程、めぼしい良さそうなところは、ほとんど空きがない。一カ所だけで滞在は、かなり難しそう、というか無理かも。。 &今日、現地での宿泊先も、良さそうなところはみんな満室。。

    でも、きっと現地に足を運べば、きっと、在る。今夜の宿泊は、場合によっては、自然が好きな私には、野宿瞑想も在りだし、それでなければ、もしかしたら、いいところが当日に観光案内所に転がり運ばれて来うるかもと、8:00の特急あずさで、JR小淵沢駅⇒JR清里駅(小海線)に向かいました。

    この小海線の電車と、この路線の風景・雰囲気が、「ほっこり、いい感じ♡」 まるで、ジブリの世界の様な優しい感じ。

     

    空が、空気が、澄んでて、山並みが美しい!

     

    10:30 JR清里駅到着。清里駅は、日本でも有数(日本一?)の綺麗な駅と聞いたことが在りましたが、確かに!(駅を出た所の写真です)

     

    駅前にある「清里観光案内所」へ。案内所内の周辺施設のパンフレットなどを少し見てから、「今夜、どこか宿泊出来るホテルかペンションかありませんでしょうか?」とスタッフのお姉さんに尋ねましたところ、「あ!、今さっき、ちょうど来てましたよ。コレです。いかがですか?」『八ヶ岳高原ホテル。一泊夕食つき14×××円』と、入ったばっかりっぽいFAXを見せて頂きました。

    ん、確か、数年前に、八ヶ岳で宿泊瞑想を開催した時に、ネット検索で直ぐに上がって来て「うわあ、澄んで高い波動っぽい、自然と調和していて、かつ無駄無く洗練されてそうな、素敵なホテルそうだなあ。。いつか行きたいなあ。」と思ったホテルではっ。。!

    I phoneでサクッと検索して、やっぱりそうだ!!と確認出来たので、そこに決めさせて頂き、直接ホテルに行って、受け付けするのに、すぐにレンタカーで向かいました。

    思っていた通り、想像していた通りの素敵なホテルでした☆
    (自然の中に佇む美しい景観、心細やかでスマートなサービス、清潔で綺麗な露天温泉風呂、朝夕どちらもとても美味しい食事、室内の上質なベットやアメニティーetc.)

     

    夕食は「ラ・プラトー」というホテル内の、口コミ評価がとっても高い人気のフレンチをチョイス。これで1万四千ちょっと!!
    これは、今回のリトリートでも、一日か二日でも、生徒さん達に、宿泊させてあげられたら最高と思い、空き状況と料金をお尋ねし調べて貰いましところ、、若干の空きはあったけど、土、日は難しく、かつ、料金も、宿泊瞑想会の宿泊費用としては、まず難しいお値段でした。(ハイシーズンの土日や祝日・祝前日などは概ね、スタンダード・ツインでも、3万2千円ほど。)

    今日の私の料金は、キャンセルが在った為の特別料金とのことでした。&、デラックス・ツインのお部屋に通して頂きました(^-^)v

    (宿泊先を確保するには至らず残念でしたが、、個人的には、とっても幸運で嬉しかったですし、どこか今回の宿泊先GET小旅行が祝福されている様に感じ、これはきっと、ちゃんと良いとこ見つかるぞ!得られるぞ!と、より感じた出来事でした☆ )

    ※宿泊瞑想2日目(23日・日曜日)のランチで、皆さんをお連れしたいなあと思ってます♡ ランチのあと、ホテル前の湖畔で、御散歩、軽い瞑想も気持ちいいかなあと♬ 

     

    ホテルで受付した後、とーーーーっても美味しい『三分一湧水』の10割お蕎麦を食べて、(こちらには、絶対!、生徒さん達を連れていくぞーです。)

    清里観光案内所で頂いて来た、たくさんのパンフレットの地図・見所マップ・宿泊先紹介案内などを、くまなく、インターネットと連動して、調べに調べて、

    『直感的にピっーーーンと来て、もしそこが空いてれば!!』と感じた『貸別荘・野わけ』さんに、電話でなく、そのままダイレクトに直行しました。(直感的にピーンと来ていれば、電話で前もって問い合わせず、直接ダイレクトに足を運んで、話をさせて頂く、聞かせて頂く方が、私の場合は、幸いに廻ること多々なので。)

    貸別荘『野わけ』さんは、標高1400mmの、山の上の方に在り、昔ながらの清里なのだそうです。

    下の写真は、別荘前にあるオーナーの畑から撮った写真で、目の前に南アルプスが広がっています。オーナーもこの景色に恍れて、ここに居を構えたそうです。

    こんな景色、

     

    こんな景色(オーナーの畑。朝食などで、朝撮り野菜と焼きたてパンも提供して下さるとのこと)

     

    そんな景色の道を車で上って、「野わけ」さんに到着。

     

    オーナーの旦那様は、とっても善良波動の魅力的で親切な方でした♡

    そして、そして!! こちらでは、それぞれ味のある8タイプの貸別荘があり、
    23日(日)〜30日(日)、無事、お貸し頂けることとなりました ー!!(3、4タイプ、日替わりで御借りします♬)


    B・C・H・Gタイプの別荘を、それぞれ日によって組み合わせで予約させて頂きました♬

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    グループ瞑想では主にGタイプの、一番離れの別荘のメインダイニングルームで行おうと思ってます。

    そこは、川のせせらぎが聴こえて、周りの自然と幸いに相まって、とても静寂ある感じのお部屋!!
    ここだ!!と決まりです。(写真では、使用休み期間なので、テーブル上に載ってますが、整えられればいい感じ間違いなしかなと。。)

     

     

     


     

     

     

     

    お部屋の外に、グッドジャプーヒーリングスペースも。右はどのタイプだったかうろ覚えになってしまいましたが、見晴らしがいいテラス☆

     

     

     

     

     

     

    別荘には、水源近くからの湧き水が届けられています。地元の人たちが汲みに来ていたりもしていたとのこと。飲ませて頂きましたが、とっても冷たくて澄んでて美味しい!
    別荘で生活に使用するのは、地下からくみ上げた地下水と、この湧き水。 この地下水もなかなか素晴らしいとのことで、その地下水の露天風呂もあり、料理には、湧き水を使って、リトリート期間中、みなさんの体の中には、天然自然のピュア水分を、内から外から、どんどん綺麗に入れ替えしていって頂きたいです。

    明らかに、瞑想の境地にも、好影響あるはず!!

     

     

     

     

     

     

    湧き水だけで、川魚を育てているお魚屋さんを、オーナーに紹介して頂き、リトリート中の鮮度抜群(食べさせて頂く直前まで、生き生き泳いでらしますので)の「イワナ・ニジマス」を確保♬ニジマスは小さめサイズは、塩焼きか煮魚。大きいサイズはお刺身。イワナはやっぱり塩焼きですね♬

     

     

     
    『先生、十分リフレッシュしつつ、宿の確保、しっかり頼んます!』『やっぱり、先生は、持ってる男ですね!、天がニコニコしながら、先生のセレクトを見守って下さってるみたい』と、途中経過をご報告メールさせて頂いた生徒さんから、期待と援護を受けて、気を良くして、その日はホテルでのフレンチディナーを楽しませて頂きました。あと一泊分(22日/初日宿泊先)も、まずもって、幸いに在るうるなと確信して、その日は眠りにつきました。。

     

    *******
    ●7月21日(火)

    リトリート初日宿泊場所として、『美しが森・コテージ』標高1500mm以上の、山・森の中にある、北杜市営のコテージを、GET!!  2〜4名の小コテージを、山際上端から7棟、予約しました。(他のキャンプ客に気を使いすぎず、自然だけを感じて瞑想しやすいように☆)

     

     

     

     

     

     

     

    コテージは、美しが森に囲まれ、周りは、下記写真のとおり、ただただ山森。『野外で、星空の元の瞑想☆』超、気持ち良さそう!!場合によっては、ジャプーヒーリングも! 既に、ヒーリング用、台座石(?)も発見しました♬

    やったね、ピース!!な心から、めずらしく、自画撮りも、パチリっ(笑)

    ***

    その後、天女伝説がある天女山で、男性性・女性性に纏わる歴史の傷みを感じヒーリングをし、光が差し込み、何かが解かれた感じをしたり。清里開拓の祖・KEEP博士の牧場で、人気のジャージーミルクソフトクリーム食べたり。大泉パノラマの湯で、富士山を見ての入泉したり。道すがらの絶景ポイントで写真をパチリとしたり。みなさんを御連れする時を、今その瞬間に感じながら、1泊2日の宿泊先GET小旅行は、無事、幸いに完遂致しました★

    「先生、この時期でも探すとあるんですね(^-^)」

    のメールに、

    「無い人には、無い。在る得る人には、在る得る。」 「そして、、空の瞑想をしている、私達には、ちゃんと幸いに、在り得た」

    ということかと思いますー。と、調子良くご返信して、帰京致しました★o(^-^)o★

     

    そんなわけで、『8月22日(土)〜30日(日)/8泊9日宿泊瞑想リトリート@八ヶ岳・清里』

    晴れて、幸いな宿泊先も、確定して、開催となりますー!
    フル参加でなくとも、一泊〜7泊まで、何日参加でもOKです!

    どうぞ、皆様、ふるってご参加下さりませー!!

     

     ー完ー

    〜瞑想教師・村上浩樹〜

     

    PS:7月30日(木)〜8月7日(金)、途中に開催予定のグループ瞑想には帰京しつつ、また、更にリトリートを素晴らしいものにするために、更なる下調べ、下準備、提供者・サポーターとしてのエネルギー充填に、8泊9日、前チャージに行って来よう!!と思っているほど、勝手ながらも、ボルテージ高まっている私です〜〜V(^-^)V

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F