• HOME
  • ELM瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 未分類 » この記事

    8泊9日宿泊瞑想体験レポートその10

    『空の瞑想教室に10ヶ月通ったオジサンの、8泊9日宿泊瞑想体験レポート』その10

    「それ」が起きたとき感じていたことは?

    その時、私と会話していた男性は、最初いったい何が起きたのか?みたいな顔をしていたのをなんとなく覚えています(笑)

    従って、何が起きて、何故起きたのかについては、私には正直よく分かりません。

    ただ、以下のことを感じていたのはよく覚えています。

    1.感激しているとか、悲しいといった感情より、見た目は泣いているにも関わらず、むしろなぜかとても穏やか、平穏、静かでかつ満たされている感覚。

    最後のグループ瞑想の時に何度か言葉にしていたように記憶していますが、とても”自然”な感じでした。

    なので、よくある覚醒体験談のようなバーンと来て、感謝と感激に包まれてボーっとしてしまうみたいな感覚ではありませんでした。

    2.人の感情や思いが細かく感じ取れるという感覚があった。(あくまで感覚です)

    3.ハートがかなり開いている感覚があった。最後のグループ瞑想で、先生のいつもの誘導のとき、ハートを開いて云々というのがありますが、そのとき、あっ既に開いているというがよく分かりましたが、誘導に従ってもっと開いてみたら、更に号泣状態になりました。

    4.前述の通り、mindは慌てふためいてかつ、ちゃんとそこにいるのですが、完全にmindは脇に追いやられていた。

    因みに、これも何となく予感していたのですが、最後のグループ瞑想が終わる頃に、一旦涙は収まり、その後海に行ったり、最後のランチをしたりして、無事解散となり、一人で運転して帰ったのですが、その車中でも暫く泣きが戻ってきてしまいました。

    もう一人の私が 運転ちゃんとしろーって言っていましたが(笑)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri

    Tags: , ,
    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F