• HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 日々の瞑想と幸せ開花の応援レター » この記事

    「瞑想で深くカルマを解放すれば、古き現実に新たな光が差し込む」  ~山頂で瞑想と共に一夜を明かした後、すぐに起こった変化~

    ~vol.51 from 八ヶ岳/2013,8,30~
    みなさま、こんにちは♫
    先週、レターを送らせて頂いてから1週間が経ちましたが、いかが御過ごしでしょうか?

    これまで、月1配信させて頂いていた瞑想応援レターを、毎週1回送らせて頂こうと思い始めました。文章・内容が多すぎて読むのが大変という声もありましたので、簡素な内容で、より頻繁にお届けさせて頂こうと想いました。どうぞ宜しくお願い致しますo(^-^)o

    ***
    はてさて、

    私は八ヶ岳での瞑想が大変気に入って、WS以降もちょこちょこ足を運んでおります。車も八ヶ岳に常駐させて、毎週木曜日の定休日の時には、何か特別な別件なければ、いつも八ヶ岳で自身の瞑想の境地を深めたいと思っております。

    (師から「大聖マハリシも、日々フルに活動し、ただ木曜日だけは、自身の時間(多分、瞑想)にあてて充電していた」と言う様な話を聞かされた記憶があり、私も丁度それがいいとなりました。

    昨日は、標高1995mの入笠山・山頂で、夕方5時から翌朝8時までを過ごしました。思い立ってパッと行動したので、簡単な準備(敷物と薄手の毛布)だけで過ごしました。

    予想はしていたけど、寒かった!! 山頂は、風がビュービュー吹いていたので、大きな岩の溝に愛用の瞑想絨毯を敷いて、瞑想したり横になったり繰り返して朝まで過ごしました。(凄い寒かったので、体大丈夫かなと心配になりましたが、瞑想によって空から溢れてくるシャクティーの熱とホッカイロの熱を相乗活かして、なんとか無事でした)

    そんな感じでしたので、あまり深い瞑想の境地を経験出来た訳では在りませんでしたが、横になっている時には、何やら、深いカルマ的印象の解放夢を見ていました。。

    んん~、始めての試みなので、まあ次回、もっと準備整えて望もうと思いつつ下山しました。それでも、どこか暗闇を抜け清々しい感じが心身にありました。パッと地図を開くと、「武知川」というのが目に飛び込んできて、サクッと行ってきました。(写真がそれです)

    私にとって、素晴らしい場所・河原でした。遠くに近くに高い山並みが迫ってきて、かつ晴れやかな河原。前回訪れた立場川より水量も豊富で、魚気分で、気持ちよく魚泳ぎ?しました。

    瞑想し、自己ジャプーヒーリングすると、太陽が輝き出し、私の瞼の中は、一面のレッドゴールドに満ち広がり、私の更なる根源的なエネルギーを呼び覚ましてくれた様な感じがしました★

    その後の車の移動中でも、何か、私の意識・現実世界に、新たな光が差し込んでくれている様に感じていると、いくつかの電話とメールなどが在り、いずれも古いものが新しく生まれ変わる予兆を含むものでした★

    ~~~~
    私の様に、在る程度、自由な閃きのままに現実をリクリエイトし易い状況、ステージの方は、少ないかも知れませんが、

    皆さんは、私や師や他の偉大な大師と同様な「空の瞑想」を日々実習しているわけですので、それを良きに活かしていけば、「カルマの解放→古き現実から、より開かれた光在る新たな世界の創造」プロセスが、自然に速やかに進んでいき、

    いずれ、皆さんの愛がままに喜びがままに、より自在に、ご自身と自身の世界を変容させていける様になっていくことと確信しています!

    皆さんの、日々の瞑想実習が、みなさん自身の内外に巣食う闇を払拭して、真実の光煌めく、皆さん自身と皆さん自身の世界へと、変容させていく尊い道流れを、今日も明日も明後日も、いつだって信頼して、見守り、応援の心でいさせて頂いております♫

    それが、好きで、大切なハートとして、私の中に、大いなる働きの中に、全ての中に、いつだって在るから!!

    では、また来週に♫
    ~村上浩樹~

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F