• HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 日々の瞑想と幸せ開花の応援レター » この記事

    『純粋意識』が唯一の実在

    Tさんへのコメントで難しめのことを書いたので、さらに追記
    ・・余計に少し難しく書かせていただきますm(_ _)m
    般若心経をベースにしてます☆

    現代に生きる人の多くが理解している歴史の中で、科学者は物質の解析・探求を続け、一時は物質が最終の実在、唯一の信頼できるものだと言っていたと思います。

    その後の科学の発達で、もっと深いところに物質でないようなものがあることに気づいた、それがエネルギーです。それは、生命エネルギーで、人々はそれを非物質だと結論づけていると思います。

    いま、科学者は生命エネルギーが究極だと言っていますが、マスターや覚者、瞑想やスピリチュアルな世界に生きる神秘思想家は、まだその奥にトータルな純粋意識があると主張しています。

    意識には、顕在意識、一番表面にある物質にかかわる層があります。
    その次にあるのが、無意識があるエネルギーの層、ここまでは人間自身が認識しています。
    そのもっと深くの層が、潜在意識がある、トータルな純粋意識とつながっている超意識の層があります。

    肉体やエネルギーはいろいろ分割することが出来ます。
    それは、肉体やエネルギーは実体ではなく、あくまで現象(被造物、幻想)ですから。

    ですが、純粋意識はトータルですから、分割することが出来ません。
    この分割できないところが最終ゴールです!

    この「純粋意識」が唯一存在するもの、唯一の実在だと認識することです。
    本当にそれが全てです!

    瞑想・人生を通して私たちが目指しているのは、これ!
    このことをマインド上の理解や想像ではなく、瞑想の体験からリアルに知って、これに気づいてここから生きる事。
    この感じを持つように、瞑想から覚めてくる時にその感覚や認識を薄らがせない様にして、いつも純粋意識の位置に自分を置いておくことが大事です。

    「不思慮底を思慮する、是即ち非思慮」
    思慮とは考えることです。ですから不思慮とは考えないこと、考えないことを考える、ようするに何も考えないようにする、ということです。
    そしてそれを習慣にすると、非思慮になる。
    考えないということから、考えそのものが非ず、なくなるということです。

    自己を観察して、思考を観察して、行為や現象そのものになってみる、これがこれまで拓さんがチャレンジしていらっしゃったことだと思います。

    この非思慮の境地になると、人間の本来備わっている安全装置の様な物が機能しはじめます。
    普段、思考を生み出すマインドに殆どの焦点がある私たちは、自分で安全を確保しようと、無い知恵を絞ってやっきになって生きています。
    その間は、体の中にある自動安全装置は、実は働きません。
    無い知恵から絞り出された方法を実行して失敗を繰り返して、いつもいつもびくびくして生きている人がなんと多い事か・・。
    この恐れには実体はありません。マインドが作りだしたものですから。

    純粋意識に入ると、自動安全装置が勝手に働きだします。
    そのためには、非思慮、ノーマインドの境地にならないとだめです。
    だから、瞑想中にはマインドや肉体にある印象がどんどん浮上しては消え、浮上しては消え・・というカルマの解放が起きます。
    浮上して来る印象に捕われたり感じすぎることなく、空に溶かし込む様にどんどん手放していくことが純粋意識へとけ込む近道になります。

    自動安全装置は第三の意識の層にあります。
    自動安全装置が働くと、たとえその装置が危険なところに自分を導くような気がしても、怖がらずにその危険の中に入って行くこと、それが私たちを成長させるための道なのです。

    その危険を経験し乗り越えることで私たちは成長し、覚醒する。
    たとえその装置が私たちを死へ誘っても、勇気をもってその中へ入って行くこと。
    それが私たちの唯一の道の様です。
    その自動安全装置を信じて行動することです。
    それが非思慮の境地です。

    それが、私たちのハート。

    そのとき、 色すなわち(即)この世が、そのまま空すなわち天国になり、
    天国すなわち空が、そのまま色すなわちこの世になる。
    色即是空
    空即是色

    六道輪廻の世界観には、七つ目の色界という(死屍界とも言うらしいですが・・怖いですよね^^;)、自分は悟った!自分は何でも自由なんだ!だから何をしてもOKなんだ!みたいな落とし穴があるみたいです。マインドがこの穴に落ち込んでしまわないように、ちょっと小難しいことを書いてみました。

    ハートに従って生きるということは、私たちに様々なチャレンジをもたらし、私たちを真の覚醒への道のりへと進ませてくれます。
    瞑想初心の方々は、まず自分自身への真の癒し、自分自身を深く愛する事から♫
    瞑想やスピリチュアルな理解が深まって来た方々は、今一度自分自身のハートへ還ること、そしてそこから探求の道を楽しんでいってくださいね!

    読んで下さった皆さん、ありがとうございます♡

                                   =2012.4.27 瞑想教師中園からメッセージ=

    ※この「Facebookハイライト」ページでは、瞑想スペースAOYAMAで瞑想をお習いになられている方だけが閲覧・投稿出来る非公開のFacebookグループページ「フルフィル瞑想・青山の仲間」で分かち合われている生徒さん方のシェアコメントや瞑想教師へのメッセージの中から(掲載承諾を頂いて)ハイライト掲載致しております。 

    日々の瞑想実習と、それによる「自己と人生の目醒め・開花」にとっても、とても有意義な刺激となる楽しい分かち合いがなされてますので、青山で瞑想をお習いになられ、まだFacebookグループページに未登録の方は、宜しければお気軽にご登録なさって下さいませ♫Facebookに登録した後、村上宛に友達申請をなさって下さいませ。すぐ承認させて頂きグループページへ登録させて頂きますので。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri


    Posted by
    このページのトップへ

     

    Comments

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F