シャクティ:プラーナが電気と共に動き始めたエネルギー状態

  • HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » Q&A » この記事

    シャクティ

    今月はシャクティの解説です。

    「空」が最初に目覚めて振動すると、生命エネルギーの波が「空」から現れます。これは創造の呼吸、プラーナ(生命の食べ物)と言われ、宇宙万物に滋養を与え生きさせます。

    プラーナが電気と共に動き始めたエネルギー状態をシャクティと言います。シャクティは、全ての神々に与えられたパワーであり、「空」の中にあった創造の青写真を宇宙へと具体化することを可能にします。

    私たちの「意識」の流れが電気的になるとき、私たちは強力な「存在感」としての自己に気づく様になります。この「存在感」は、エネルギーで満ちた風船の様に経験されます。シャクティを通して「空」の知性が流れれば流れる程、「存在感」は電球のフィラメントの様に感じられます。

    シャクティは、セン/ナディと呼ばれる、知性の為のエネルギーの経路を創りだします。センを通してシャクティが動けば動く程、フィラメントは益々輝き、私たちが生まれ持った知性を明らかにします。その輝き・光は、宇宙に在る何に関することであろうとも、その完全な知識を私たちに明らかにします。

    シャクティは、クンダリーニ(性・創造のエネルギー)として背骨の中を動き、144,000本の全てのセンを目覚めさせます。シャクティがセンを動けば動く程、私たちは益々知覚し、私たちが知れば知る程、この宇宙であらゆる事が実行可能になります。

    シャクティは、私たちの隠れた能力の全てを目覚めさせます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri

    Tags: , , , ,
    Posted by
    このページのトップへ

     

    コメントは受け付けておりません

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F