フルフィルメント瞑想宿泊瞑想会の様子を漫画で綴る

  • HOME
  • ELM瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 体験談 » この記事

    多くの気づき&濃い充実した日々(体験漫画あり)

    フルフィルメント瞑想体験談(20代・女性)

    渡辺あずみさんの瞑想体験漫画

    渡辺あずみさんの瞑想体験漫画(クリックで拡大します)

    わたしが瞑想を始めたのは、精神世界の本がきっかけでした。
    その類の本ではだいたい瞑想が薦められているし、実践すれば本に書いてあるようなこと(オーラやエネルギーや宇宙との一体感などなど)を実感できるのでは?と思ったからです。

    そんな多少ミーハーな気持ちで始めた瞑想でしたが、最初のころは雑念が多く、本当に瞑想できているのか?と不安になったり、日常生活でもイライラして、瞑想しているのになぜ?と疑問に思ったりすることもしばしばでした。
    それでも続けられたのは、単純に瞑想が楽しく気持ちがよかった、ということと、やっぱり教室があったからだと思います。
    教室は本当に開かれた気持ちのいい空間で、ついつい本当のことがでてしまうお寺みたいなところだなー、とよく思います。
    わたしはマインドが活発で頭で理解したいという思いが強いためか、実は最初のうちは瞑想そのものよりも、みんなで感想や体験を話し合うシェアが楽しくて通っていたところがあります。

    そして続けるうちに段々と、現実面に変化が現れるようになりました。
    自分を縛るのをやめて解放してあげようと思えたり、両親への罪悪感を手放せたり、自分にとってとても良い気づきがたくさんありました。

    効果を感じることでますます瞑想が楽しくなり、当初の目的だった、目に見えないエネルギー等々のことはよく分からないままでしたが、それでもいいや、だってこんなに有意義なんだし!という感じでした。

    変化が訪れたきっかけは、宿泊瞑想会に参加したことでした。
    その期間に、なんとなく“空”に包まれているような、自分との境目がなくなり一体になったような感覚を感じられるようになりました。
    家に帰ってからの瞑想でもその感覚は続き、ぼんやりとではありますが、量子の世界の感覚が分かり始めたように思います。
    夜通しの瞑想である程度長く“空”に触れる時間を持ったことと、詳しいレクチャーによりマインドの理解が深まったこと、フルフィルメント瞑想がもっと好きになったことが理由かな、と自分では思います。

    まだ始めて10ヶ月程ですが、瞑想してからの月日はしていないときに比べ、とても濃い、充実した日々になっていると感じます。
    落ち込んだり悲しくなることもありますが、そのたびに大きな視点から親身にアドバイスをくれ、乗り越える手助けをしてくれる先生方にはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。

    ミーハーな気持ちで始めた瞑想ですが、今ではずっと(一生!)続けたいと思うくらい好きになってしまいました。
    こんなに面白いのにどうして流行らないんだろう?と不思議に思うくらいです。

    以上です。

    ~渡辺あずみ~

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri

    Tags: , , ,
    Posted by
    このページのトップへ

     

    コメントは受け付けておりません

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F