ストレスが溜まって疲れ果てているのに頑張ろうとするマインドの癖。カルマの解放時は今までの自分の在り方を手放し、自分を癒す時。

  • HOME
  • フルフィルメント瞑想
  • 説明会&伝授会
  • 教室ご案内
  • 教師プロフィール
  • スケジュール
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • BLOG
  • Home » 日々の瞑想と幸せ開花の応援レター » この記事

    カルマの解放時は、今までの自分の在り方を手放し自分を癒す時

    久しぶりに「死にたい・・」と感じました。
    ・・と言っても、本当に死にたいと感じた訳ではなく、いわゆる逃避です。向き合わなければいけない現実や自分の痛み・課題があるのに、乗り越える力の無さを痛感する時、「このまま消えてなくなりたい・・」と、思ってしまうのです。
    瞑想教師なんだから、瞑想でなんとかなるでしょう!・・とも思うのですが、私もただの人間、弱い部分をたくさん持っています。

    瞑想教師以外にも、ヒーリングや音楽の仕事をしている私は、非常に多忙です。今月、来月に歌の本番をひかえているのに、朝から夜遅く12時頃まで働いて、練習する時間も一人になる時間も取れず、かなりストレスを抱えていました。

    私のマインドは頑固です。ストレスもあるけど、私には責任がある!とばかりに、全ての仕事をフルに頑張っていました。でも、結局はパワーが枯渇してそのことに落ち込んでしまい、「死にたい・・」と思ってしまったわけです。
    要は、カルマの解放です。今までの自分の在り方を手放す時期がきたんですね。マインドは、数日抵抗していましたが、身体の方が正直でした。仕事へ行こうとすると具合が悪くなる・・という状態になってしまいました。

    解放が起きている時、私はよく「ひきこもり」になります。普段、人の悩みを聞いたり、多くの人に会う仕事をしているので、誰にも会わない何も話さない時間が欲しくなります。そして、ただひたすら自分と向き合うか、涙を流すか、寝ます。

    今回は、責任感と、共依存になりやすいマインドの癖を手放して、青山でのお仕事を減らしていただきました。そして、自分の為の時間を取る様になったお陰で、少しずつ本来の自分を取り戻してきました。人を癒す前に自分を癒す必要があった様です。

    私たち教師も皆さんと同じ様に、過去の自分や必要の無い観念を手放しながら、日々成長しています。時には、人生を精一杯生きていらっしゃる皆さんを鏡として、お手本にさせていただいています。瞑想会等で様々なシェアをしていただくことが、私の癒しやパワーになっています。
    皆さん、いつもありがとうございます♫

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

    あわせて読みたい関連記事

    trackback uri

    Tags: , , ,
    Posted by
    このページのトップへ

     

    コメントは受け付けておりません

    当教室は、純然と瞑想のテクニックをお教えさせて頂いている瞑想教室です。いかなる宗教団体との関係は一切ありません。

    Copyright ©2006~2017 All Rights Reserved. 瞑想スペースAOYAMA.
    東京都南青山2-9-5 MAISON UNO 3F